「肉匠こば」 中区千田町

肉匠こば1
①(左上)シャトーブリアン②(真中)厚切りタン③右上(レバー)

厳選された広島牛はお肉のセレクト、調理は折り紙つき
ちなみにこの看板の文字は、翠蘭さん(広島)によるものです
(作品/湘南乃風関連の筆文字 ◆広島東洋カープ廣島乃風)

焼酎は鹿児島の芋、日本酒が揃う。
ワイン・シャンパン(カバ・ヴーヴクリコ・モエ)

【匠厳選】
ナイトの称号を持つ=サーロイン(¥4,800)
最も柔らかいフィレ=シャトーブリアン(¥3,800)
タンの付け根=トロタン厚切(¥2,500)
常温でとろける=極上ミスジ(¥2,500)
やわらかな赤身=特上サガリ(¥1,500)
厚切りでも柔らかい赤身=極上イチボ(¥2,500)
細かなサシ上質な旨味=カイノミ(特上カルビ)(¥2,000)

※冷麺・石焼ビビンバは×

「肉匠こば」
ジャンル/焼肉
広島市中区千田町2-11-3(広電本社近く反対側)
TEL:082-245-3122
定休日月曜日
(開2016.05)
スポンサーサイト

【厳島神社】 正式参拝

地御前 厳島
①(外宮)地御前神社 → ②(内宮)厳島神社
御山神社1
③(奥宮)御山神社

【厳島神社への正式参拝】

①厳島神社の外宮(げぐう)地御前神社(じごぜんじんじゃ)
宮島口の少し手前にある地御前駅の近くの地御前神社から始まります
※宗像三神『弁天様』は海の神、交通運輸の神、財福・技芸の神様

本来厳島は島全体が聖地と見なされ、人が住むことは禁じられていたので、
対岸に遥拝(ようはい)のために建築物が造られ、そこから発展した地御前神社

②内宮【厳島神社本殿】
1400年の歴史をもち、日本全国に約500社ある厳島神社の総本社。
厳島神社のある宮島は、古代より島そのものが神として信仰の対象とされてきた。
仁安3年(1168年)ごろに平清盛が現在の社殿を造営
毛利元就が弘治元年(1555年)の厳島の戦い勝利、当社を崇敬するようになって再び隆盛
豊臣秀吉も九州遠征の途上で当社に参り、大経堂を建立

③奥宮【御山神社】 - 弥山本堂・霊火堂から三鬼堂側に上がらず、霊火堂・左横の階段を下りていく。
奥宮は内宮・外宮より遅れる事575年後の、1168(仁安3)年、平清盛により築造
市杵島姫命(いちきしま)、田心姫命(たごり)、湍津姫命(たぎつ)の三女神が祀られています。
江戸時代までは三鬼神を祀る三鬼堂でしたが神仏分離令により宗像三女神を祀る御山神社となりました

※『静寂の空間と下から吹き上げてくる風 弥山のパワー感じる事ができるスポットです。』
天空の神社という名に相応しい。

〔順路〕
ロープウェイ獅子岩駅から御山神社までは歩いて30分、
ロープウェイ獅子岩駅から頂上展望台付近までは歩いて30分、
〇頂上展望台付近の頂上岩(一番大きな岩)は神の磐座(いわくら=神が降りる場所)

小料理【偲ぶ茶屋】  中区流川

偲ぶ茶1

小料理【偲ぶ茶屋】
ジャンル/割烹・小料理
TEL/082-243-5831 /完全紹介制
住所/広島市中区流川町3-16-2

お任せのみ料金:15,000円 (飲み物込)
表に看板もなく ビルの二階にある。
39年営む・女将さんの おまかせで 提供されます。
全国から女将の料理と会話を楽しみに来られます。
カウンターが10席、
奥に座敷(6名)
3階には堀こたつ座敷。

【ひろしま蕎麦人】 南区向洋新町

蕎麦人1

抜群に美味い達磨系のニ八蕎麦

【ひろしま蕎麦人】
TEL/082-284-7723
広島市南区向洋新町2-2-5
営業[月、水~日]11:00~14:30
[土曜、日曜]11:00~19:30
予約はこの限りではなく昼夜の予約可
TEL/(082)248-7723
定休日火曜日、駐車5台

【すし家・こばやし】 中区胡町

すし家こばやし胡

8貫セット¥2,500 ,天ぷら¥1,500
赤だし¥500,茶碗蒸し¥800

【すし家・こばやし】
TEL/082-249-5811
広島市中区胡町3-13 アーバン胡館 1F
営業時間17:00~翌2:30
定休日日曜・祝日
席数26席(カウンター12席、座敷14席)
ブログ村に参加しています
クリックしてください。 にほんブログ村 グルメブログ 中国地方食べ歩きへ
にほんブログ村
最新記事
カテゴリ
プロフィール

メルカート

Author:メルカート
広島のグルメ達のごひいきの店をお聞きして紹介しています。

最新コメント
リンク